香典返しはカタログから見つけよう|ピッタリなギフト選び

ギフト

覚えておきたいマナー

香典返しに関する常識とは

花束

香典返しとは、忙しい中故人の葬儀に参列してくれたことなどに対するお礼を兼ねた大切なものです。 まず、香典返しはいつ渡せばいいのでしょうか。これは基本的に忌が明けた四十九日より後と言われ、挨拶状を添えて品物を贈ります。 この挨拶状にも一般的なルールがあって、その例としては、「、」「。」といった句読点を使ってはいけない、などがあります。 また、香典返しには何を渡せばいいのかなども悩む点ですが、基本的に香典返しには故人を悼んでくれたことへのお礼なので、相手のためになるものを贈ることが大切です。それもあり、コーヒー、紅茶、お菓子などの日持ちする食品や、タオルやせっけん、洗剤などの日用品が近頃では多いようです。

相場はいくらかかるのか

香典返しの品物の金額はは一般的には「半返し」と言われ、渡された香典の半額程度のものを渡すことが多いです。 しかし、近頃では当日返しの習慣が定着しているので、この場合には「当日返しの品物の金額+香典返しの品物の金額」の総額が香典の半額となるように香典返しの品物を選びます。この時に当日返しの額が香典の額の半分に達している場合は香典返しを贈る必要はありません。 故人と親しかった人の場合、高額な香典を頂く場合もあります。この場合には、香典返しは先ほど述べたとおり基本的には半返しですが、三分の一、四分の一程度の額のものでも相手の失礼にはあたらないので問題はありません。ただ、どの場合にもそうですが、葬儀に参列してくださったこと、故人を悼んでくださったことへの感謝が伝わる品物選びを心がけましょう