香典返しはカタログから見つけよう|ピッタリなギフト選び

花束

カタログから探す

時代とともに品も変わる

ギフト

冠婚葬祭のスタイルは時代とともに変化します。香典返しも同様です。最近では香典を辞退する葬儀も増加している事から香典返しの風習も減ってはきているものの、知らないでは済まされないのもまた事実です。そのため香典返しにふさわしい品は何かを見てみます。 一般的に弔事の場合は「後に残らないもの」消耗品を選ぶのが基本ですが、最近では消耗品にこだわらない人も増えている事から石鹸や洗剤、お茶を選ぶ傾向があります。また時代の流れなのかカタログギフトも人気が上昇しています。紅茶やコーヒー、スイーツなども香典返しの品として定着しつつあります。 また葬儀当日に渡すケースも増えており、そのような場合はお茶やコーヒーなどのちょっとした消え物が定番ですが、最近は商品券も増えています。 香典返しの品物にも時代が垣間見える気がします。

変わった遺族サポートサービスも

香典返しは一般的には四十九の法要後、頂いた香典の額の半分を目安としてお返しします。ネット社会の現在は専門業者がたくさんあり、中にはまとめて注文すると20%オフ、などお得になるキャンペーンなどがある所もあります。そんな中で最近では無料での遺族サポートサービスを展開している業者が増えてきました。 葬儀後の遺族はとにかく忙しいです。各種届出、名義の変更、四十九日法要の準備、相続、遺品の整理などなど。そこで香典返しの専門業者が芳名帳の整理をしてくれたり、挨拶状だけでなく喪中ハガキの印刷もしてくれたり、ファイナンシャルプランナーの無料相談を受けてくれるなどのサポートをしてくれます。 香典返しそのものも、業者のサービスも随分変わりましたね。

頂いた品物の活用法

ギフト

香典返しの定番でもあるお茶は、飲むだけでなく芳香剤やうがい薬として活用することが出来ます。ですが最近では自分で商品を選べるカタログギフトが出回り、お茶やタオル以外の幅広い商品を香典返しとして贈れます。

詳細を確認する

覚えておきたいマナー

花束

香典返しを贈る際は、挨拶状の書き方や贈り物の金額などの知識を知っておくと良いでしょう。金額は品物によっても異なりますが、基本的には香典の半分から4分の1が目安の金額となります。

詳細を確認する

長年人気のギフト

ギフト

贈り物の中でも人気の花は、プロポーズでもネットにある花屋さんで購入することが出来ます。また宅配サービスがあるので、相手にスムーズに届けられます。贈る際はメッセージを添えると、贈られる側からさらに喜ばれるでしょう。

詳細を確認する